「信用保証協会」徹底活用術

「信用保証協会」徹底活用術
「経営革新計画」の認定による信用保証枠の拡大:経営革新計画の認定を取ると、別枠として新たに信用保証協会の8,000万円の無担保枠等が利用可能となります。

TOP 信用保証協会の概要 マル保融資の別枠制度 トピックス サービスのご案内 運営元 お問い合わせ
TOPマル保融資拡大スキーム > 「経営革新計画」の認定による信用保証枠の拡大

「経営革新計画」の認定による信用保証枠の拡大

資金調達の第一歩は経営革新から!低利融資、保証枠拡大、補助金、節税など様々なメリットが得られる経営革新計画の承認申請制度をご存知ですか?

世界同時恐慌が経済を覆い尽くす今、売上規模10億円未満の中小・ベンチャー企業にとって、もはや銀行のプロパー融資は期待できません。

今後、中小企業の資金繰りの命運を分けるのは「信用保証協会」の保証枠をいかに拡大できるかにかかってきます。

経営革新計画の承認は、信用保証枠の拡大銀行の格付けアップを狙う企業様にとっては是非クリアしておくべき試金石です。

「経営革新申請支援センター」の詳細はこちらをご覧ください。
早急に経営革新申請が必要な企業様はこちらからお問い合わせ下さい。

経営革新計画とは?

中小企業が新しい事業を行う際に、ビジネスプランを作成して都道府県に申請し、承認が得られた場合に、様々な公的支援を受けられる制度のことです。この制度はあまり知られていませんが、中小企業新事業活動促進法という法律に基づいて制度化された強力な中小企業支援施策です。経営革新の承認を得ると、低利融資の実現、信用保証枠の拡大、税金の優遇、補助金等様々な支援策への道が開けます。

経営革新は、こんな中小企業様におすすめします。

  • できるだけ好条件(低利・無保証・無担保等)で融資を受けたい。
    政府系金融機関(日本政策金融公庫)融資の優遇措置があります。
  • 信用保証協会の保証枠がいっぱいで、追加融資が受けられない。
    信用保証協会の特別枠(無担保枠8,000万円)が得られます。
  • 銀行の格付けをアップさせたい。
    →経営革新計画は定性面においてプラス評価され、銀行の格付け向上に効果的です。
  • 補助金、投資等、借入以外の資金調達手段も検討している。
    →補助金、投資の支援措置があります。
  • 展示会への出品等、販路開拓支援を受けたい。
    →販路開拓支援が受けられます。
  • 社内の目的意識が低く、活気がない。
    →経営ビジョンが明確化し、組織の結束力が強化されます。
  • その他、公的支援策を積極的に活用していく足がかりを作りたい。
    →国の強力なお墨付きが得られます。

(※融資や補助金など、一部の支援策を受けるためには、別途支援機関の審査が必要になります。)

「経営革新申請支援センター」の詳細はこちらをご覧ください。
早急に経営革新申請が必要な企業様はこちらからお問い合わせ下さい。

アレンジネットの経営革新申請支援サービス

アレンジネットでは、中小企業の皆様に、経営革新に関する最新情報や申請ノウハウをご提供し、計画のブラッシュアップや、計画書の作成支援等、経営革新承認申請のトータル支援を行っています。

アレンジネットでは、経営革新が承認されなければ、料金は全額返済いたします。安心のノーリスクシステムです。

詳しくはサービスサイト「経営革新申請支援センター」をご覧ください。
早急に経営革新申請が必要な企業様はこちらからお問い合わせ下さい。



追伸

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

スポンサードリンク
本サイトに関する注意事項
  • このサイトで説明している公的スキームが、「信用保証の特例」の活用を保証するものではないということにご注意ください。融資や保証を受けるためには、別途金融機関等の審査が必要になります。法律の認定を受けたからといって、必ずしも信用保証の特例を活用できるわけではありません。
  • 本ページには、当事務所が独自に入手した情報をベースに最新かつ正しい情報を掲載するよう努めておりますが、タイミングによっては古い情報や誤った情報となってしまうおそれもあります。自己責任のもとで情報確認を行った上、ご活用ください。