「信用保証協会」徹底活用術

「信用保証協会」徹底活用術
中小企業金融円滑化法の1年延長について:「中小企業金融円滑化法」ですが、金融庁が、2012年3月末までの期限を1年間延長すると発表しました。

TOP 信用保証協会の概要 マル保融資の別枠制度 トピックス サービスのご案内 運営元 お問い合わせ
TOP信用保証協会トピックス > 中小企業金融円滑化法の1年延長について

中小企業金融円滑化法の1年延長について

「中小企業金融円滑化法」ですが、金融庁が、2012年3月末までの期限を1年間延長すると発表しました。

リスケが続行可能ということです。もちろん実態はどう動くかは不透明ではありますが、方針としては、そういうことです。

問題の先送りにしか過ぎないにしても、このタイミングで返済を正常化できる企業は少ないでしょうし、ほっと胸をなでおろした経営者も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、金融機関としては、貸付先を選別し、一連の保護政策によって生きながらえているだけのゾンビ企業には廃業を進めていくことになるでしょう。

もし本業の具合がよくないなら、思い切っての廃業もありと思います。

もちろん、次なる新規事業に向けての前向きな廃業です。
変化の時代ですから、淘汰されないためにも、積極的に手を打って行きたいものです。


また、中小企業金融円滑化法が一年後に期限切れになった場合の準備も進めましょう。
この法律を利用して返済猶予をした企業はもちろん、せずに踏ん張っている企業も、期限切れ以降、市場の混乱に巻き込まれる恐れがあります。

というのも、、、

円滑化法の期限切れ
 ↓
金融機関による貸しはがし
 ↓
返済猶予中に経営改善が図れなかった企業の倒産
 ↓
取引先の連鎖倒産
 ↓
以下、連鎖倒産が続く

という流れがありえるからです。

ギリギリのところでガマンしている企業は、

・来年度の経営計画、資金繰り計画を精査する
・倒産防止共済に加入する
・コストダウン、売上アップ対策を図る

などの対応を検討してみてください。



追伸

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

スポンサードリンク
本サイトに関する注意事項
  • このサイトで説明している公的スキームが、「信用保証の特例」の活用を保証するものではないということにご注意ください。融資や保証を受けるためには、別途金融機関等の審査が必要になります。法律の認定を受けたからといって、必ずしも信用保証の特例を活用できるわけではありません。
  • 本ページには、当事務所が独自に入手した情報をベースに最新かつ正しい情報を掲載するよう努めておりますが、タイミングによっては古い情報や誤った情報となってしまうおそれもあります。自己責任のもとで情報確認を行った上、ご活用ください。